道人足

  • 2018.04.19 Thursday
  • 06:11

道人足 道人足(みちにんそく)と読みます。

 

戸開け前の道路や側溝をこぞって大掃除。

消防団の水源を使って砂利や泥洗い流していきます。

筒先の先鋭部隊は若手の53,55,59歳(?)(>_<)

そう、若手です。

「はい、交代」

「しんどなったら代わるで」

小雨決行&水しぶきで皆が水もしたたるイイ男!

 

お疲れ様!

春の陣

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 06:22

最強のコラボ

旬のタッグだと思います。

 

「香具山たけのこ&洞川わらび」

春の会席膳で花盛りの『旬』「旬」

花散らせの雨

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 06:22

ふと見れば軒先屋根にドット模様が・・・。

(あ〜ぁ、梅散り始めたんやぁ・・)

 

お間違いなく。散りぬるを・・・

あくまでも「梅」です。

梅は花期も長いし、強いよね。

けどぉ・・・ちょい心配は

この雨風が続いたら満開の「桜」も危ういかなぁ。。と。

母校解体工事

  • 2018.04.16 Monday
  • 06:14

12年前閉校した洞川小学校の解体工事が始まる事になりました。

 

小学校と中学校が陸続き(隔たりなく廊下が繋がってました)だったから、

中学校へ上がっても給食の準備には小学校を通って給食室へ行ってました。

「おっ!制服似合うとるがな!」なんて恩師に冷やかされたり・・・。

閉校後もそこに学校があるだけで何となく安堵感がありました。

 

けど。

解体が始まるそうです。

「区民の皆さん、学校開放します。見に来て下さい」の区内放送がありました。

走り回る子達がいなくなり、タンポポ畑みたいになった運動場。運動場

私らの時代から使ってた木製のゴミ箱。

懐かしい教室や廊下。教室  母校の廊下

「洞小ありがとー!」の文字がたくさん黒板にありました。

 

私も書いて来ました。・・・「洞小おおきに」

うちの新入社員?

  • 2018.04.15 Sunday
  • 05:36

新入り 山水の受けが大きな樽に変わってから半月。

 

新入りさんの金魚も5匹増えました。

樽の水でザバザバ打ち水をした後、エサをあげています。

パブロフの犬じゃないけれど、

「水撒き→エサ」が定着してきた様で、水面まで上がって来出しました。

うちの新入社員の当面の目標は、

涼やかに泳ぎお客様に癒しを与えさせて頂く事・・・かしらね?

香具山たけのこ

  • 2018.04.14 Saturday
  • 05:32

「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」

 

百人一首でもかなりメジャーな句。

その「香具山の筍」です。

このブログにも度々登場する、畑の師匠しず姉ちゃん。

ご実家が香具山の麓で見事な竹林をお持ちです。

春一番の旬のたけのこ。香具山たけのこ 芽かっちょ(芽吹きたての先っちょ)上物。

・・・・の、お相伴にあずかれる訳です。

 

今の時期ご宿泊のお客様、どうぞ百人一首の筍を。

 

家守

  • 2018.04.13 Friday
  • 06:18

「爬虫類」・・・何かと嫌われがちですが、

我が家はけっこう好きです。

お腹が赤いイモリや、尻尾を切り捨て逃げる技を身に付けたトカゲ。

くりっとした目。

なんとも愛くるしく感じてしまうのはへんかしら?

 

「家でヤモリがおってくれたわ!」

(おってくれる=居て下さる)敬語ね。

「ホンマ?ヤモリは(家守)やから、家を守ってくれとんやで」

「逃がさんと自然に出て行くまで居ってもらおか?」

「そーしょうよ」

で、今日もヤモリ君は宿を守ってくれています。ヤモリ

 

土筆(つくし)

  • 2018.04.12 Thursday
  • 05:47

出てました。「つくし」

 

「ススキやチカラシバの勢いに負けて地面に陽が当たらんなかなぁ?」

ファーム・ボーイはそう言いつつも摘んで来ました。

ちまちまちまちま・・・つくし

袴(はかま)を取り除いて、さっと湯がきます。

で、甘酢漬けにすれば「春の一品」できあがり(*^^)v

時間かけてコトコトコト「つくしの佃煮」もいいしね。

おまたせしました!「桜」開花!

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 06:22

桜咲く 世間が「葉桜」になった頃、洞川では「桜開花」!

 

例年よりずい分早い開花です。

週末は素敵なお花見タイムになりそうです。

けれど今日は春の嵐が来るそうな。。

あ〜ぁ・・・耐えてね「桜」

エイプリール紅梅

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 06:02

4月満開の紅梅

 

「ふつう梅って2月とか3月のかかりやないですか?」

お客様のご意見はご尤もでございます。

4月の梅

なんとも乙じゃあないですか。

当館、食前酒の梅酒はこの梅の実が入っておりますのよ。

三年の眠りから覚めた熟成梅酒です。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM