梅のお花見 彩り弁当会

  • 2020.04.05 Sunday
  • 06:54

洞川の宿ではガラ空きでお客様がいらっしゃらない事を

「今日は運動会よぅ(ガラガラで広々走り回れる)・・」なんて言います。

 

この週末、当館は(運動会できます)状態。

新型ウィルスの影響は大きく、キャンセルの嵐が吹き荒れております。

 

客室からの紅梅が見頃を迎えても、愛でてもらえない梅の花が可愛そうやから

景気づけに家族で「お花見弁当会」にしました。梅見 梅満開

 

速攻で酢飯をこさえ、はるのお色 彩りてまり寿司 冷蔵庫のあるもん使いで「彩り手まり寿司」

春の色満載の大皿が出来上がりました。

さぁさ、お食べ下さいな。

がっくりしてても始まらないから、ここは「食」と「花」で皆を元気に致しましょう!

発芽

  • 2020.04.04 Saturday
  • 06:55

発芽 「発芽」

 

生命の息吹を感じます。

世の中が苦しい時でありますが、

だからこそ「元気出して困難を乗り越えよう!」でありたいです。

 

「発芽」powerを今の人類にお与え下さいと・・。

今日は久々のお日様に会えそうですよ (*^-^*)

備わった力強さ

  • 2020.04.03 Friday
  • 06:34

雪の下でじっと春を待ってた「冬越しほうれん草」は濃いです。

初めの頃はタンポポみたいに土地に張り付いてお日様を受けようと・・。

で、だんだん起き上がってきて緑の濃さが増してきます。

当然、味も濃い!

まだ朝霜が降りる洞川で、しゃんと生きて育っています。

このパワーをもらいましょう!朝霜ほうれん草

「食」から体を作り、自己免疫力をつけて今の時期を乗り切りましょうぞ!

 

今朝は氷点下でした。冬の寒さです。

道具調べ

  • 2020.04.02 Thursday
  • 06:32

「戸開け前には道具調べせんなぁあかんのよ」

先々代の女将(大っきいばあちゃん)が春先にまず教えてくれたのがそれでした。

「道具調べ?って?」・・・当時の私には言葉の意味すら「?」でした。

     道具調べ

春の始動前、厨房の食器全てを洗い直し、数をチェックしながら補充を考えます。

数が足りずお蔵入りしていた昔の食器なんかは、今はレトロ感いっぱいで

再デビューさせて使っております。

ここに「ワサビ花の甘酢盛り付けたらどうよ?」なんてイメージしつつ・・。

 

そやから、お越し下さいましね。洞川の「春」を見つけに(#^.^#)

「忘れるな 3月31日の あの大火」

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 06:36

消防演習 夕べ7時、サイレンが鳴り消防の演習が始まりました。

 

洞川地区は終戦の翌年、昭和21年に洞川ほとんどが消失する大火に見舞われました。

私たちが小中学生の頃は「洞川少年消防隊」なるものが存在し

毎週「火の用心」の夜回りに歩いていました。

その時の標語に「忘れるな 3月31日のあの大火」と言うのがありました。

 

今でも洞川消防団は3月31日の演習を欠かしません。

♪わたし サクランボ

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 06:29

週末から週明けにかけて寒い日が続きました。

「三連休の時の方が暖かかったですね・・」

「そうですね、連休は玄関をオープンにできましたもの」

と、お話する間もガラス戸はきっちり閉めないと寒かったです。

 

されど、季節は確実に移ろい・・・さくらんぼ咲いた🍒

鉢植えのサクランボが咲き出しました。

例年よりも二週間ほど早いかも?

春近しですね。

 

新築

  • 2020.03.30 Monday
  • 06:32

冬の突風で吹き飛んだビニールハウスをリフォームしてくれました!(^^)!

私にすれば「新築」ほどに嬉しいハウス!新築

 

すでに水菜が発芽していました。

サラダにしたらボールごと食べちゃうかも(笑)

 

植物が伸びる時のpowerを丸ごと「ごちになります」

ニジマスの産卵

  • 2020.03.29 Sunday
  • 06:55

川沿いの客室の窓ガラスを拭いていたら川の中で何やら動きが?

 

よくよく観察してみると、川底がさらわれて(掘られて)きれいな小石が出てる箇所が。

でもって、ニジマス産卵?

大きめのニジマスと、一回り小さなニジマスがゆらゆらくねくね・・。

(んん?鱒の産卵かな?)

シャッターチャンスは逃しましたが、きっとそうやわ!

やっと水温む季節がやってきてくてたかな?

(と、言えど今日は雪交じりの雨ですが・・)

 

世のコロナ騒動にもそんな時が、早く訪れます様に祈ります。

「椿」

  • 2020.03.28 Saturday
  • 06:59

20年以上前に龍泉寺で拾った椿の実

当時は幼稚園?位だった子たちに「椿笛」を教えようとしたら

実がうっすら割れて、発芽しようとしていました。

 

 

・・・なんて事を数年前に書いた気がします。

あの時植えた椿が蕾を六つ付けました。

裏庭の陽の当らない場所でずい分かかりましたが、開花の春を迎えられそうです。

 

改めてみると「椿」って「木」偏に「春」って書くんだったわ。

新型コロナウィルス、終息して本当の意味での「春」を迎えたいですね。

 

    椿の蕾そう、花咲く春はきっと来ます。

 

 

『桜の春は必ず来る』・・・休校続く中、無事に卒業式を迎えた友達の一言です。

『止まない雨はないから』そんな言葉も耳にしました。

メダカの学校 

  • 2020.03.27 Friday
  • 06:34

各客室でお客様のお出迎えしていたメダカ達も、今は一か所で越冬中(もう春?)

毎朝少しづつ水替えした後、餌やりをしていたら

桶に近付いただけでメダカ達がそわそわする様になってきました。

 

食欲旺盛!(^^)! メダカの学校 パブロフやね。

 

屋外の水樽にデビューするには、まだちぃと早いかしらね?

3月もあと少しとなりました。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM