welcome to OKUMURA INN

  • 2018.08.18 Saturday
  • 05:58

縁側カフェ・プランの連鎖?

 

「うーん、迷ってしまうから一緒に選んでいいですか?」

・・・・・で、お見立ての相談を。

「これがいい」

「素晴らしいですね。『絞り』って言います。最高の浴衣地ですよ」

「帯はこれが夏らしい」

感性豊かのお連れさんは直感でパパッと決められます。

それがまた的確!

とってもよくお似合いでしたよ。

浴衣姿も。

お二人のツーショットも。

 

昨夜は「ホット梅酒」や「ちょい呑みセット」が人気でした。

一夜明けると・・・まさかの「11.7℃」!!!お盆過ぎの温度じゃありません。寒っ!

季節も交代期

  • 2018.08.17 Friday
  • 05:22

はびこるだけはびこってたモロッコもそろそろお終いです。

天ぷら

胡麻和え

芋豆煮

炊きこみご飯・・・

何を作っても美味しかったね。

 

「洞川は美味しいものだらけで、こっちで居たら太るわぁ〜」

バイトさんらが口を揃えます。

ふふふ。いいのいいの。しっかり食べてね。

地野菜は美味しいもの!ねっ!収穫 収穫、即、食卓ですから。

 

今朝は17℃

肌寒い朝です。

しゃきっと☆☆☆

  • 2018.08.16 Thursday
  • 05:15

奈良市&東京の遠距離friendさん☆

 

今宵は『縁側カフェ・プラン』で天の川Cafeをお楽しみに・・。

お二人とも古典柄の純日本調をお選びになり、

しゃっきり、すっきり湯上りの浴衣美人さん。

「着付けてもらってたら、背中がしゃんとする感じ」

「そう、なんかしゃんとして気持いいね」

そうそう。

着物や浴衣ってそうなんですよ。

背筋がしゃんとしていいでしょ?

提灯の下、楽しんでらして下さいましね。

 

う〜ん☆ 家のお客様が一番べっぴんさん(*^^)v縁側cafe

さぁさ、召し上がれ(*^_^*)

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 04:44

「トウモロコシご飯ってけっこういけるらしいよ」

お盆で帰省中の娘に教わり、早速と挑戦。

粒粒コーンを削ぎ落したら、トウモロコシの芯も一緒に入れて炊くそうな。

甘みがぐーんと出るんですってよ。

 

あらまっ!ホントに美味しそう(^O^)/トウモロコシご飯 → トウモロコシご飯

空が変わったぁ?

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 05:15

うろこ雲 「んん?うろこ雲出てなぁい?」

              「本間やぁ、秋みたい・・・」

暑い暑いと言いつつも、季節は確実に移ろってきました。

夏雲から秋雲へ。

選手交代の季節なら、

「変わった」じゃなく「代わった」かな。 

畑の黄金

  • 2018.08.13 Monday
  • 04:39

とうもろこし 黄金カラーで超甘い!

 

カラスから守るネットや、鹿避けの柵。とうもろこし

あの手この手で守ってきた黄金カラーのスウィートコーン(*^^)v

 

薄皮を数枚残して塩茹で。

さぁ、熱々を召し上がれ

5升釜

  • 2018.08.12 Sunday
  • 05:01

「旅館のご飯はおいしい!」

 

だって、こんなに大きな釜で強い火力で炊くんやもの。大釜

蓋が踊るくらいの勢いでがんがんに。

お米もいいし

お水もいいし

炊き手もいいし(#^.^#)

 

このご飯でおにぎり握ったら最高!

びっくり!

  • 2018.08.11 Saturday
  • 05:59

久々に下界へと下り(暑い!)スーパーへ行きました。

葉野菜、高っ!

紫蘇の葉なんて100枚入りのパックが1200円以上!

(台風や大雨のせいかしら?)

あ〜、畑は有り難いなぁーってつくづく思いました。

帰って来てすぐに紫蘇っ葉を採りに畑へ直行。紫蘇

暑さで少しくたびれてても、お水に浸したらしゃんとしてくれます。

何より香りが高いしね。

お初で大作 (*^^)v

  • 2018.08.10 Friday
  • 06:07

キャベツは青虫を排除するのについてなきゃならないって聞いてたから・・・

今まで手を出さなかったのね。

今年はファームボーイが網網トンネル作ってくれたから、

青虫くんも、ちょうちょさんも門前払いよ。

 

お初にしては、どうよ、ほら!大作 彼のお陰です。

朝日に向かって!

  • 2018.08.09 Thursday
  • 05:01

朝の温度18℃

朝食までのランニング。

「信じられないくらい涼しいですね」と、顧問の先生。

「ただいま〜って帰って来てたら、もうここが家みたい」

「あ〜、ずっと居てたぁーい」と、生徒さん。

 

胴着を着けた剣士はりりしいです。胴着を着け・・・

先陣切って進むはキャプテン先頭キャプテン ちょいと山水で手を清めて・・

体育館までの道のりを部員達が続きます。出発!

 

私はきっとあなた達が帰っちゃった後、風船みたいに萎んじゃうかも・・・さみしくて。。。

いい子たちばっかりだったから。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM