『ちりめん山椒』

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 06:00

ちょっとそこまでお買いもの・・って。

 

帰って来ると玄関に三角袋が?!

「んん?どなたかいらした?」

タッチの差で、会えなかった友達。あぁ〜っ(-"-)

 

自前の「玉葱」と、「山椒の実」

山椒のトゲと闘いながら、小粒の実を収穫するだけでも大変なのに

小さな小さな小枝もきちんと取り除いてくれてて(感謝!)

さっそく、山椒の下処理し、『ちりめん山椒』炊きますわ(*^^)v

 

美味しくいただく事が、最大の感謝の表れかと。ちりりん山椒 

ありがとう!ごちになります!

 

自家製 「カクテキ」

  • 2019.06.17 Monday
  • 06:11

朝ごはんの後、ちょこちょこっと大根ひいて来たんですって。

 

せっせと皮剥いたり大根葉を刻んだり・・

「なに作っとん?」興味津津の父。

「ひ・み・つ」黙々と娘。

 

時は過ぎ・・・夕刻時。自家製カクテキ

しれーっと食卓に上がったのは「自家製カクテキ」


おおーっ!父さんうるうる。そりゃあ美味しいわ。お酒が進んだりしてっ(^^)!

 

キツネの嫁入り

  • 2019.06.16 Sunday
  • 05:20

一昨日は、島根県出雲からお越しのお寺さんご一行。

昨日は京都からの行者さん。

 

雨風が強く、無事に参拝できるものかと、気をもみましたが

皆揃っての笑顔の下山。

 

「いやぁ〜。長年、行をさせて頂いておりますが、一番の難行でした・・」と。

 

それから1時間ほどの間に

あんなに強風で雨風が激しかった空が、今はもう落ち着いて

 

『キツネの嫁入り』キツネの嫁入り 自然界は気紛れ?

牡鹿の風格

  • 2019.06.15 Saturday
  • 05:37

いつかこのページでお知らせした「鹿の角」

 

ネットで(骨格標本、作り方・・)キーワード打ち込んで検索かけたら

ちゃんと教えてくれました。

教えに従い、パイプ○○や、漂白剤に浸すこと一週間?

男前な「牡鹿骨格標本」出来上がりました。

猟師さんに見てもらったら、かなりの歳の牡鹿だそうです。

「角、落とさんと残してるのは珍しいな」って。

 

山の守り主さんみたいな「牡鹿」さんです。男鹿

金ちゃんのお引っ越し

  • 2019.06.14 Friday
  • 06:10

山水の樽の中で仲良く暮らしてた金ちゃん達。

「名水かけ流し」の素晴らしい環境で仲良く暮らしてたのに・・

なぜか?

追っかける・・

突っつく・・

逃げ惑う・・

なんでも産卵を促す行動なんだとか?

金魚の発情期?なんてあったんだぁ?

 

放っておくと♀が弱ってしまうらしいから、しばらく別居。金ちゃんお引っ越し

昔ながらの金魚鉢でしばし離れて暮らしてもらいます。

川掃除

  • 2019.06.13 Thursday
  • 06:20

雨も上がり、区民こぞって川掃除。

 

伸びてきた草刈り。

どこからか流れ着いたペットボトル。

錆びたトタンの端っこ。

さぁさ、頑張って片付けましょう。

 

みんなの力で、最上流の川をキレイに!川掃除

 

今日はすこぶるいいお天気(^O^)/

できる事なら、週末にとっておきたいくらいです。。

♪百万本の薔薇の花を〜

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 05:16

昔・・・「♪百万本の薔薇の花を〜」って歌があったでしょ?

 

6月に入って薔薇がどんどん咲き出してくれてます。

去年、季節外れのミニバラを買い、冬中室内に置いてました。

朝霜も降りなくなったから、屋外デビューしましたの。

そしたらね・・

「あれ?蕾つけてない?」半信半疑で経過みていたら

(まぁ!何という事でしょう!)の心地です。

 

ミニバラだったけど、しっかり丈も伸びました。薔薇

夕闇が迫ってきたら、提灯とのコラボレーションも素敵(=^・^=)

      薔薇と提灯

百万本には程遠いけど、私の気持ちの上では「百万本」です。

明石より愛をこめて・・(タコ編)

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 06:15

毎年の常連の山上参りさん。

明石の『阿講』

『阿』一文字ってのが何ともカッコイイ(^^)v

 

海人の新ちゃんは「明石ダコ」捕りのの名人。

タコの塩揉みも伝授して頂きまして

今夜、当館スタッフさん家は、みーんな「タコ刺し」パラダイス(=^・^=)

 

ありがとうございます。   明石ダコbeforビフォー 明石ダコafterアフター

 

タコ刺し  ごちになります。

『下市木山上講』

  • 2019.06.10 Monday
  • 05:42

大峯山山上ヶ岳への行者さんを、洞川では「山上参りさん」と呼びます。

毎年の山上参りさんに対し、三年ごとにお参りをされる「三年講」さん。

 

今回お参り下さった「下市木山上講」さんは、その「三年講」さんです。

実は前々回は色々な諸事情でお参りが叶わず、

さぁ、次の三年・・も叶わず・・あわや?!と、いう危機に

6年+1年を経て、今回の世話役さんが皆さんをまとめて下さいました。

 

下市木山上講と、大峯山参拝を(奥村旅館をも)繋ぎ止めて下さった救済主さんです。

長距離を運転して下さったドライバーの講員さんも、ありがとうございました。

 

この笑顔あふれる一枚は、無事に参拝を終えられ、下市木山上講

乾杯後、「ようまいりー!」の「りぃー」の笑顔です。

お疲れ様でした!

一年中、温州みかんが実ると言う素敵な所。

お米作りのお兄さんや、大峯山から走って戻られたランナーさん、又いらして下さいね。

三年後が待ち遠しいです(^.^)/~~~

サンチェのレシピ

  • 2019.06.09 Sunday
  • 05:03

サンチェ 「サンチェ」です。

 

間引いたら間引いただけ株が張ってきて、イキイキもりもり!(^^)!

 

「味噌とマヨネーズ混ぜて、この葉っぱに塗ってご飯巻いて食べてみやんしら。

 まぁ、美味しいっつーたら!何ぼでも食べられるで」

 

御年81才の絢姉さんのアイディア・レシピ(^−^)

試してみたら、ほんまに最高!

 

ちなみに私は酢飯にして、薄切りマグロを手巻き寿司風で食べてみました。

・・・美味し過ぎて食べすぎにご注意を!

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM