三匹の子ブタ (大だいこん編)

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 06:13

その物語は種を選ぶところから始まりました。

偶然にもホームセンターで出会った畑の師匠シズ姉ちゃん。

「大だいこんって聖護院のこと?」

「そやで。ぼちぼち蒔き旬やわぁ」

って流れで初挑戦の大だいこん。

奥村旅館の畑へと、その種を落としました。

台風も二つ三つと耐えました。

風の向きに大きく傾いたのを直し・・

土のお布団ちょいと掛け・・

鶏糞に野菜クズせっせと与え・・

紅葉も葉っぱを落とす頃、お初の収穫(*^^)v

      三匹の大だいこん

今宵はこの三匹の子ブタちゃんで、「ブリ大根」炊きますわ(^O^)/

めんめらの森

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 06:08

めんめらの森 洞川温泉センターの南斜面には「めんめらの森」があります。

 

洞川弁で言う「めんめ」=「自分」「私」

「○○ら」と、「ら」が付く事によって複数形に変わります。

「私」が「私ら」になる様にね。

「めんめ」の複数が「めんめら」=「私たち」って事です。

 

十年以上前の大台風で、ここ門前山の樹齢100年超えの杉の木がなぎ倒され、

裸になった山に植樹し、「めんめらの森」として生まれ変わりました。

 

「のんびりコース」と「健脚コース」の散策歩道は紅葉がキレイ(^O^)/

散りゆく紅葉の葉を浴びつつ、秋の一日ぜひ歩いてみては?

山の架け橋 『かりがね橋』

  • 2018.11.12 Monday
  • 06:13

吊り橋 龍泉寺の裏山と大原山を結ぶ「かりがね橋」

 

上の平(うえんだら)で畑作業していて、ふと視線を巡らせると真正面。

さて、その吊り橋のお話ですが・・・。

 

ついこの前の週末の事。

例年、大峯修行の行者さんとしてお越しの講社さんが研修旅行でご来館下さいました。

「40年近く大峯登ってても、洞川の麓の事はさっぱり知らんだわ」と。

吊り橋(かりがね橋)も初めてなら、面不動鍾乳洞もお初。ご院主さんの講話もございました。

いつもは精進料理に禁酒。真夜中の水行ですが、この度は様子も流れも違ってます。

どことなく和気あいあい、少しくだけた柔らかさ(#^.^#) 色んな話が交わされました。

明くる日はそろって観音峯へと登頂なさいました。

久しぶりの「行者弁当」はいかがでしたか?いいお天気で最高でしたね!

一人娘のユズ子です。

  • 2018.11.11 Sunday
  • 06:07

柚子色めいて 今年は一粒しか実らなくてねぇ・・。柚子。

 

一人っ子で育ったせいか、栄養しっかり摂っていつもより大きくなりました。

そろそろ色付いてきましたが・・・。

こうなると愛着がわいて収穫するのをためらいもします。

少ぅし柚子皮むいてお汁に浮かすもよし。

貴重な柚子ポン作るもよし。

お湯割りにギュッっと絞るもよし。

実ったからには食してあげないとね(*^。^*)

 

今朝は4℃

キンと冷えた朝は、晴れるよ、きっと。

だんだん・・・

  • 2018.11.10 Saturday
  • 06:25

吹きっさらしの場所でいる南天は早くから赤くなってたのに、

少しの事で風を避けられる場所にいる南天の実はまだこれから。

 

紅葉も、南天も何もかもいっぺんに赤くなるんじゃなくって、南天だんだんと赤

この子みたいに、だんだん赤めいてくる実があってもいいもんです。

 

昨夜は、とっぷり日が暮れてからご到着のお客様が。

しかも、車ではなく徒歩で?

吉野山から、山越え五番関越えでようやく着いて下さったらしく、

「鹿の群れ7〜8頭に遭いました。イノシシやら熊が出たらどうしょう・・・って」

まぁまぁ、よくご無事でご到着下さいました。さぁさ、お湯のご用意致しておりますから。

洞川人の『紅葉巡り』

  • 2018.11.09 Friday
  • 06:25

ふっと時間が空いた時・・・。

「ちょい、古池の辺を歩いてみん?」と紅葉狩り散歩。

 

ほのぼの会館で「イラスト展」(オフィスおおみね)を覗いてから、

古池の側から紅葉越しに中之島の孔雀明王を拝む・・・この構図。古池🍁なかなかでしょ?

地元、洞川人ならではの紅葉巡り。

 

帰り道・・。すぐ近くに住む同級生のお母さんと立ち話。

「ここからやといっつも紅葉見れるのぅ」

「さぁら、紅葉に限らず桜もにゃあ」

「いの一番の特等席やん!」

「さぁら特等席よ」・・・・・ってね。

洞川温泉 リアル紅葉

  • 2018.11.08 Thursday
  • 06:24

紅葉を愛でるには、木の下から空を見上げるのがお奨めです。

キラッキラッと、たまに光を投げて来るお日様とか・・・

赤くなり切っていない紅葉が覗いたり・・・

川風が違った色の紅葉を見せてくれたり・・・

ここも川辺です。空の一歩手前は・・

見上げれば、空の一歩手前に紅葉がいる様です。

 

昨日は「立冬」とは思えないいいお天気&ポカポカ陽気でしたね。

一日でも長く暖かな日であって欲しいです。

紅葉より赤し。

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 06:12

「青は藍より出でて藍より青し」

 

って言葉があるじゃないですか。。

この川面に映る紅葉の赤を見ていると、

「実物の紅葉が移ったの赤なのに、鏡紅葉の方が赤いね」鏡紅葉

 

って風に連想しちゃいます。(ちょいとニュアンスが違うかもですが・・)

けど。

ほんにキレイでしょ?水鏡の紅葉。

 

P.S.

お客様のふうちゃん4才とおままごと遊び(^O^)/

美味しい「カレー」ご馳になりました。

ふうちゃん、また遊ぼうね。

 

 keepしたい!

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 06:10

この「赤」があと少しで散ってしまうなんて口惜しい・・・。

出来ることならkeepしたい!

スマホで画像を送ったって、目で見る「赤」には勝てやしないもん。

 

あ〜ぁ 本物の「赤」一日でも長くそこに居てね。keepしたい!

 

京都の日本海側からお越し下さったお客様は、

前日は大台ケ原の紅葉、そして洞川の紅葉。明けて赤目四十八滝の紅葉。

いいお天気に恵まれ宜しゅうございました。。

「紅葉のはしご」・・・堪能されましたでしょうか?

「なんと見事な『赤』やこと!」

  • 2018.11.05 Monday
  • 05:28

見事な赤やこと! 「いやぁ〜、なんとみごとな紅葉やことそぅ・・・」

 

例年お盆の頃、行者修行でお越しの常連さんが、奥様方と共に紅葉狩りに来て下さいました。

行者さん装束でしかお目にかかった事のない私には

ライトダウンの行者さんが新鮮でした。(笑)

 

奥様とお姉さまは「見事やねぇー」と感嘆符の嵐。

「部屋からこんなええ紅葉見せてもろうてまぁ・・・」

こんなにも喜んで頂け、紅葉も私も本望でございます。

「あと一週間早かっても、遅かってもあかんだなぁ・・」と。

本当に仰せの通りでした。

 

よぅお越し下さいました。おおきにありがとうございました。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM