雪掻き 

  • 2020.02.19 Wednesday
  • 06:43

雪掻き

雪掻きは「労」を惜しんでちゃいけないと・・。

 

「雪一時って言うて、雪は一時降ったら止むよってその間にせいらい雪掻かんしえ」

明治のおばあちゃんは、雪が降るとそう話してくれてた気がします。

一時の雪が降り止んだら、車に踏み固められない内にせっせと雪掻き。

積もりきらない内にこまめにやらないとね。

 

ほら、ずっと向こうの方でも誰かが雪掻き。

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 06:42

雪 まだ薄暗い朝。

 

天気予報はよく当たります。

今日は雪。

朝ごはん食べたら、雪掻きだね。

観葉野菜?

  • 2020.02.17 Monday
  • 06:37

畑のハウスが吹っ飛んで、すっからりんと野菜達は鹿のエサ。

けれどもその中で、根性の生き残り術を発揮し、踏ん張った二株の野菜。

His name is「わさび菜」

She name is「キャベツ」

うーん。ガッツある二株が輝いております。

生命力が強かった残留組を鉢植えにして、

観葉野菜(時に食用)として一緒に冬越しする事にしました。

彼らの成長にこうご期待を!残留組

春の兆し

  • 2020.02.16 Sunday
  • 06:59

ついこの前、この川の中洲で雪を横切る鹿がいたのに・・。

遠目に見ると何だか白い膨らみが?

(んん?もしかしてネコヤナギ?)

ネコヤナギ 川原まで下りてみたら、あらら!本当!

 

春の兆し、ここまで来てるんやぁ。

けど、2月にネコヤナギが帽子を脱ぐって早すぎやわぁ。

朝霧

  • 2020.02.15 Saturday
  • 07:27

山にかかる白い霧が、帯状に横たわったまま、朝からずっと鎮座。

朝霧 面不動鍾乳洞がどこにあるやらも分りません。

この霧が空へと昇っていってくれるのか・・

じんわり山裾まで降りてくるのか・・

週末のお天気やいかに?

雪でないだけ、有り難いって思わんとあかんわぁ。

冬の散歩道

  • 2020.02.14 Friday
  • 06:35

大峯山登山口の大橋茶屋から洞川温泉街に続く自然遊歩道。冷や水

享年の台風の整備も終わり、なかなかの散策コースだと。

けれども半月ばかり前の突風で杉シバが多々、多々。

 

お寺の裏山の遊歩道は倒木がかなりあった様です。

「拾える枝や木は道下に投げ捨てながら歩いた」と、大将説。

倒木はさっそく切ってくれたと聞きました。

昨日は不思議なくらい暖かく、日向の雪はすっかり融けました。

 

 頬っぺた冷たくっても、冬散歩は貸し切り気分!(^^)!

力作「アンパンマン」

  • 2020.02.13 Thursday
  • 06:53

「雪はなぶらんな融けろおによう」

(雪は触らないと融けないよ)

 

洞川のお年寄りが仰せのとおり、

積雪はせっせと手を加えないと、放っておいてはなかなか融けません。

この雪像のご近所さんは、とても熱心に雪掻きなさいます。

近所中の雪を一挙に集め素敵な「アンパンマン」が出来上がっておりました。

設置場所は男の子三兄弟のお宅前。アンパンマン いいなぁ〜☆彡 それゆけ!アンパンマン

雪上の軌跡

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 06:40

足跡手前の足跡はアナグマ君?

 

一段下の川辺の歩幅が大きい足跡は鹿だよね。

川向うからやって来て、川を渡って中洲からこちらの岸へ。

けっこう大きな鹿やろねぇ。

時々、温泉街をかっ歩してるの彼の足跡かしらね。

 

 

( ちょいと注意勧告)

虻トンネルを過ぎてからの最後の上り坂「せこ坂」

スリップが相次いでJAFのお世話になった車が数台あったそうです。

くれぐれもご注意下さいませ。

冬はつとめて

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 06:57

「冬はつとめて・・」

 

清少納言さんは寒さに強くていらしたのかしらねぇ?

冬の早朝は暗くて寒くて冷たくて・・(朝はいいねぇ!)とは言い難いもの。。

 

朝食の後片付けしたステン流し台は、氷の世界 しばらくしたら凍っています。

あかぎれの指先に薬を塗り込みながら

(冬の朝はわろし・・・やわぁ)と、ひとり言。

ハンター直

  • 2020.02.10 Monday
  • 06:42

猟師さんが自ら仕留めた猪肉を頂戴しました。

「ママにプレだよ」

一言だけ言葉を添えて・・。

 

玉ねぎやピーラー大根、えのきにシメジ。

ハウスで生き残っていた白菜&小松菜も入れて

すき焼き風で食べさせて頂きました。

 

   猪肉

猪肉の脂は香ばしくてほのかに甘味もあり、白いご飯がもりもり進みます。

あぁ〜、勿体ないくらいに美味しいでした。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM