真綿雪

  • 2018.02.05 Monday
  • 07:11

この時期、毎日毎日見飽きてる雪ですが、

大きなボンボンみたいな雪が空から落ちて来ると

思わず天空を見上げてしまいます。

(どの辺りで作られるんだろう・・・この真綿雪。。)真綿雪

 

ふわふわの雪に出逢うと毎年思い浮かべる詩があります。

『わたしの上に降る雪は 真綿のやうでありました』 

スポンサーサイト

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 07:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    真綿のように落ちる雪を見ながら、先日の写真のようなどんがえしを焼いて食べたい。
    雪の風景や冬の行事にうっとりしています。丁寧な暮らしぶりが伝わってきます。
    とも姉作の雪だるまは 実物を孫たちに見せてやりたかった。

    『 生死の中の雪降りしきる 』って山頭火の句を目にすると、むかしむかし、洞川スキー場からなぜか徒歩での帰り、猛吹雪の中に立ち尽くしたこと思い出します。
    実際は水洟と涙でぐちゃぐちゃでよろよろだったはずですが、今は、津軽三味線のBGM付きの映画のワンシーンのような思い出になってて 人に自慢したりしています。(笑)


    • すみれ
    • 2018/02/06 12:20 PM
    お久しぶりです。ようお越し。

    冬場は体育の授業でスキーやりましたものね。(ちょっと自慢)
    中学生の頃は先生がどこからか2tトラック借りてきてボテコに皆のスキー板を乗せ、
    「よーし!お前らはスキー場までランニングで来い!」
    なんて光景が当たり前の冬の日々でした。
    すみれさんが思い浮かべられた(スキー場からのなぜか徒歩での帰り道)は的を得ていますとも!
    小学校時代の冬休みの生活目標では
    「スキー場への行き来はスキーで滑らず歩く事」ってのがありましたもの(笑)
    私はもっぱら上ん平スキー場派でしたけど(*^^)v

    「洞川スキー場」は今や「洞川スノー・パーク」と呼ばれています。
    • 女将です。
    • 2018/02/06 1:08 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM